アルコール検知義務化へ向けて

 暦の上では春立ちましたが変わらずの厳しい寒さが続いております。さて、令和4年度4月より改正道路交通法施行規則が施行され、一定台数以上の白ナンバーの自動車を使用する使用者においても、安全運転管理者によるアルコールチェックが義務となります。さらに令和4年10月からはアルコール検知器の測定が義務となります。
それに伴い弊社もアルコール検知器を設置し、法令順守に努めてまいります。弊社はお客様に商品をお届けすることが非常に重要な業務でありますので、それに伴いまして安全は厳守しなければなりません。

 本日は制度改正においての概要をまとめましたのでご参考頂けたら幸いです。

安全運転管理者による酒気帯びチェックを義務化 - 人と車の安全 ...


 

1:点呼・アルコール検知の実施準備

2201_1_2.jpg 目視による点呼とアルコール検知器を使用して酒気帯びの有無を確認する方法として、事務所で対面点呼を行う方法、またはスマートフォンやパソコンのビデオ通話で非対面点呼を行う方法があります。改正案では対面点呼を原則としていますが、直行直帰や出張など対面点呼が難しい場合もあるため非対面点呼も認められる方向のようです。社用車の利用頻度やドライバーの勤務体制に合わせて対面・非対面どちらでも対応ができる運用方法を検討しましょう

2:記録保存の準備

2201_1_3.jpg 酒気帯びの有無を1年間記録する必要があるため、運転日報のフォーマットや管理方法についても検討が必要です。最近では管理の手軽さから台帳での手書き管理やエクセル管理以外に、アプリやクラウドを使った車両管理システムの導入も増えています。車両管理システムでは運転日報以外に車検点検、免許証などといった車の管理全般で役立つ機能を多く備えている場合があるので、車両管理の効率化に導入をお勧めします

3:アルコール検知器の準備

2201_1_4.jpg 導入するアルコール検知器の種類や台数について、事業所ごとに整理したうえで検討しましょう。また、アルコール検知器はメンテナンスが必要な機器です。使用するたびに内蔵センサーが劣化し検知器としての制度が担保できなくなるため、使用者が交換する必要があります。多くの検知器には使用上限回数や交換期間(大体1~2年)が定められており、定期的なメンテナンスが必要です。準備した検知器の数だけメンテナンス時期を把握するのは難しいため、交換時期になると新しい機器が届くなど、支援サービスのあるソリューションを活用していくことも検討しましょう

 以上、ご参考頂けましたら幸いです。記録簿に関しましてはネット上にサンプルが多数ありますので、そのままご使用でも良いのではないでしょうか。弊社は自社で使いやすいように改良しましたが、エクセルなどで作れるので特に問題ありませんでした。

 それでは、明日からもご安全に!!

次回は、再来週の投稿になります。新商品ご案内しますのでお楽しみにノシ

前の記事

シン在庫(新)

次の記事

ヤリトリ継手